引っ越しの手順を紹介します。引っ越しがきまったらだいたい1ヵ月から2か月くらい前までにやらなければいけないことが色々とあります。まずは引っ越し業者を決めましょう。引っ越し業者は口コミを見たり自分で対応を感じてみて決めてもいいですし、見積もりの結果で選んでもいいと思います。いろいろと比較して選ぶことがポイントです。そしてその後引っ越し業者が決まれば粗大ゴミがどれくらい出るのか確認しておきましょう。そしてその粗大ゴミはどうやって処理するのかということについて考えなければいけません。粗大ゴミを出すのか、それともリサイクルショップで販売するのか検討してみましょう。そしてパソコンやプリンターなどの精密な機械なども同じ引っ越し会社で対応してもらえるのかという確認も必要ですし、もしも高級な品があった場合にはどうするのかも確認しておきましょう。引っ越しの手順としてこれくらいは1ヵ月くらい前までに完了しておくと引っ越しがスムーズに進むと思いますからお勧めです。その次に引っ越しの手順としては引っ越しの荷物の梱包を1ヵ月くらい前から順番にやっていきます。場合によっては少しずつやらなくてもまとめてできるという人もいると思いますからこの手順は人によって違っているかもしれませんね。1週間前から前日までに梱包が終わるように手順をスケジュールしておきましょう。

そして新居での家具の配置も考えなくてはいけませんし、引っ越しをする日の当日の流れも確認しておきます。引っ越し当日の手順としては、荷物が順番にトラックに運び込まれていくと思いますから、家具をのかした後の掃除や、忘れものがないか最終的な確認も必要です。そして近所への挨拶や周りの掃除もしておきましょう。立つ鳥跡を濁さず精神が必要です。そして引っ越しのトラックが新居についたら、どこに何を置くのか具体的な家具の位置を指示していきます。家具が支持できたら近所に挨拶をしつつ荷物をほどいていきましょう。その日に使いたい生活必需品の荷物を整理整頓し終わったらあとは少しずつ片付けていけばいいのではないでしょうか。引っ越しの手順はこのような流れになっていますが、梱包をいかに早くしておくかによって当日あわてないかどうかが変わってくると思います。いろいろとした準備を計画しながら行うのが一番ですね。これから引っ越しをする人は手順通りに多少いかなかったとしてもできるだけスムーズにできるように頑張ってみましょう。