引っ越しの挨拶

引っ越しの挨拶についてですが、引っ越しの挨拶というのは以前は毎回必ず行うというのが礼儀として知られていたのですが、現代では引越の挨拶を行わないという人もとても増えてきました。特に都会などの一人暮らしの場合には引っ越しをしたからと言って挨拶をするという人は極端に少なくなってきました。家族で引っ越しをした場合には、引っ越しの挨拶をしているという人はいるのですが、一人暮らしの場合にはあまりないというのが現状です。そしてマンションと一戸建てを比べてみても、マンションで引っ越しをしてきた場合も引っ越しの挨拶をしない人は多く、逆に一戸建てのときだけ引越の挨拶をするというのが一般的になりつつあります。しかしながら、これからその地域やマンションで引っ越しをしてからはお世話になったり一緒にイベントに参加させてもらうこともあるわけです。それなのに引っ越しの挨拶をしないというのは何ともおかしな話だと思いませんか?年配の人や常識のある人の多くは引越の挨拶をするというのが常識として根強いですから挨拶をするという人はとても多いのですが、やはり若い世代や若い夫婦、家族などは引越の挨拶をしないという人が多いようです。

引っ越しの挨拶は必ず必要とは言い切れない時代になってきましたが、しかし引越の挨拶はした方がいいに越したことはありません。特にこれから紹介するような事例の場合にはできるだけ引越の挨拶をした方がいいでしょう。まず大家さんが同じ建物内に住んでいる時には必ず引越の挨拶は必要です。そしてマンションなどで管理人さんがいるといった場合でも挨拶は必ず必要になってくると思います。そして家族で引っ越しをするという場合でも、挨拶は必ず必要ではないでしょうか。しかも管理人さんなどがいるケースでは引越の作業が始まる前と、引っ越しが完了してからの両方に挨拶が必要だと思います。もちろん引越をいつにするのか事前に連絡をしておくというのが大切なことです。引っ越しの挨拶をしようと思っている人はどれくらいの範囲で引っ越しの挨拶をするのかという問題が出てくると思いますが、昔は向こう三軒両隣とされていました。マンションなどの場合には両隣の家と、上下の部屋の人には連絡をしておくといいでしょう。引っ越しの挨拶をする日というのは、引っ越ししてきた当日に行うのが一番ですが、バタバタしていて挨拶にいけなかったとしても2−3日以内には引越の挨拶をしておきましょう。