引っ越しをするとなったら梱包は避けては通れない道ですよね。最近は忙しい人のために梱包から何から何まで引っ越し業者がやってくれるというプランもありますが、そうなるとかなり費用が高くなってしまいます。引っ越しの費用を少しでも抑えようと思ったら、やはり引っ越しの梱包や自分でやらないといけませんね。では引っ越しの梱包で用意した方がいいものを紹介したいと思います。段ボール、マジック、ガムテープは必需品で初ね。中には赤ペンも用意しておいた方がいいこともありますし、割れものを梱包する際のプチプチと呼ばれるエアーパッキンなども用意しておくといいですね。引っ越し業者によっては、段ボールやマジック、ガムテープなどの梱包資材を無料でサービスしてくれるところもありますから、業者選びの際にポイントにしてみてもいいかもしれませんね。そして引っ越しの荷造りでポイントとしては、衣類などを段ボールに詰めていく場合には、重たいものから詰めていきましょう。重たいものから詰めることが大切ですし、段ボールに直接入れるのが抵抗があるなら底にビニール袋をひいておくといいでしょう。そして一番手間がかかるのが食器です。食器は1つの食器に対して新聞紙2枚を使って包んでいきましょう。インクがついてしまうのを気にする人はティッシュもいっしょに包むといいでしょう。箱の下にはタオルを敷いておけば安心です。箱にはもちろんワレモノと赤で書いておきましょう。

そして引っ越しの梱包で意外にどうすればいいかわからないのが使いかけの調味料です。使いかけの調味料は口のキャップ部分ごとラップで包みましょう。そして輪ゴムで止めて新聞に包んで、立てた状態で箱に入れればいいと思います。この段ボールの箱は蓋をしないでそのままにしておけば、すぐに見つかりますし、上に荷物を置かれて瓶が割れることもないですね。引っ越しの梱包では引出の小物なども梱包しなければいけないのですが、こちらは引きだしごとにまとめて入れておくようにすればすぐに出すこともわかりますし、便利です。割れものなどを入れた段ボールには、必ず割れものだとわかるように大きく赤で書いておきましょう。意外と黒で書いていると認識されなくて引っ越しが終わって開けてみると割れていたということもよくあることですから気をつけた方がいいですね。引っ越しで何が大変かってやはり梱包が一番大変ではないでしょうか。しかしこれがスムーズにいけば引っ越しは成功します。